「大切な人のエンディングストーリーを聞かせてください」
募集要項

 日本エンドオブライフケア学会では、看取った方の経験から、多くのことを学びたいと考えています。心に残る看取った方との思い出を、教えていただけませんか?

応募フォームURL:
https://forms.gle/VEqyEXyWcQkP15Hf6
申し込みフォーム

~この企画の趣旨~

 だれかが亡くなるのを看取る−。「看取り」の経験は、人の一生のしめくくりに付き沿うという、とても大きな出来事なのだと思います。そこには、多くの思い出、心残り、そのことを通して気付かされたこと、たくさんの気持ちが生まれるのではないでしょうか。

 私たちエンドオブライフケア学会は、そこから学び、今後の学会の発信に役立てたいと思いました。ひとつひとつの経験に、かならず気づきや学びがあるのだと思います。皆様の「看取り」のストーリーをお聞かせ頂けませんか。

 お寄せくださったストーリーは、毎年開催します「学術集会」で紹介して参加者の方と交流する企画を予定しています。将来的には、会員限定のwebストーリー(体験)集を編む予定です。

~応募いただくにあたって~

  • 看取りを通しての思い出や、心に残っていること、そのことを通して、気づいたことや学んだこと、どのような気持ちで最期を看取ったかについて、教えてください。
  • 小論文風、お亡くなりになられた方に語りかけるようなお手紙風、臨場感あふれるルポルタージュ風など、どのような形式でも構いません。書きやすい文体でお書きください。
    例)
    手紙風:「〇〇さんへ、あなたのことを最期まで生き抜く姿をみて・・・」
    論文風:「国民の6割が終の棲家を自宅で希望しているが・・・」
    ルポタージュ風:「エンゼルケアの大切さを教えてくれたのは〇〇さんとの出会いでした」
  • 看取りの経過の中で、「誰と意思決定したか」「誰とどのように話し合ったか」といったことで、あてはまる状況がありましたら時間軸でお書きください。
  • 書いてくださった内容は、毎年開催される「日本エンドオブライフケア学会・学術集会」にて掲示させていただきます。学術集会には医師、看護師、介護職などケアに関わる専門職と、エンドオブライフケアに関心のある市民の方が参加します。参加者の方から、ポストイットで感想などコメントをいただきます。
  • 募集は随時行っておりますが、2019年7月末日までに応募してくださった方は、9月14~15日に名古屋で開催される「第3回エンドオブライフケア学会・学術集会(URL:http://plaza.umin.ac.jp/eolcconf2019/)」で掲示させていただきます。
  • 将来的には、会員限定の「webストーリー(体験)集」としてまとめる予定です。

~応募の詳細~

  • 字数:2000字以内でお願いいたします。
  • あらかじめワープロソフトなどで文章を作成してから、応募フォームに入力いただくとスムーズです。
  • 応募の際、お名前のほか、「ニックネーム」の記入欄があります。ニックネームでの公開希望の方は、この欄にご記入ください。
  • 個人が特定される内容は、お控えください。
  • フィクションと分かるもの、誹謗中傷は掲載できません。
  • 掲示スペースの関係上、全てを掲載できない可能性があります。どうぞご了承ください。

お問い合わせ先:

一般社団法人 日本エンドオブライフケア学会事務局
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5アカデミーセンター
e-mail:jseolc-post[at]bunken.co.jp ([at]を @ に変えて下さい)
電話:03-6824-9369  FAX:03-5227-8631
受付: 平日 9:00-12:00 13:00-17:00 (土日・祝日を除く)
学会ホームページURL: http://endoflifecare.jp/

※募集は随時行っておりますが、2019年7月末日までに応募してくださった方は、9月14〜15日に名古屋で開催される「第3回エンドオブライフケア学会・学術集会(URL: http://plaza.umin.ac.jp/eolcconf2019/)」での掲示に間に合います。

日本エンドオブライフケア学会 広報委員会

↓クリックすると拡大します
「大切な人のエンディングストーリーを聞かせてください」募集要項