島内節 (人間環境大学副学長 看護学研究科長)

 一般社団法人日本エンドオブライフケア学会の目的は「すべての人に質の高いエンドオブライフケア」を実現していくことです。そのために理念・方針として「人権としてのエンドオブライフケアを具現化」と「市民と多様な分野のケア実践者・教育者・研究者の参画と協働」を掲げて2016年7月に設立しました。

 エンドオブライフにおけるケアとは誰もが遭遇するエンドオブライフについて事前に考えながら生活し、その時が訪れたら、生きてきた日常性を保持しながら尊厳をもってその人らしく生きること、生命・生活・人生の質(QOL)と価値を高め、ケアのプロセスにおいて家族を支えグリーフケアまでを含めた医療モデルと生活モデルを統合したケアと考えます。

 本学会の特徴は、年齢・疾病・場を問わず、エンドオブライフについて差し迫った死、あるいはいつか訪れる死を考え、エンドオブライフケアのあり方を討議・模索・構築していく場です。そのために専門職はもとより市民の参加を重視します。

 学会の目的を効果的に達成していくために本学会の活動は

  • 1)学術集会においてエンドオブライフケアにかかわる人々の相互研鑽のために会員による演題発表・特別講演・教育講演・シンポジウム・セミナーなどを開催します。
  • 2)各種委員会を設定しそれぞれの目的に沿って数種のセミナーを含めて活動します。
    (1)編集委員会
    (2)エンドオブライフを支える専門職の実践・教育・研究委員会
    (3)エンドオブライフに向けた意思表明プロセスの実践・教育・研究委員会
    (4)市民と専門職が協働するための実践・教育 ・研究委員会
  • 3)以上からエンドオブライフケアの「実践・教育・研究の相互循環的発展」と学会としての「統合的発展」をめざします。

 わが国は少子高齢化とグローバル化の加速的進展と複雑・多様化する社会状況において多死社会を迎えようとしており、本学会が担う課題は大きい。エンドオブライフケアは先進諸外国において高齢化とともに共通課題となっており、医療福祉制度やケア提供方法を変革してきました。本学会は上記の理念・方針のもとに「エンドオブライフケアの実践と教育および研究の効果的な蓄積・深化・普及」を図ります。また「エンドオブライフにおける統合的包括的ケアをめざしたパラダイム転換としての制度やケア提供方法の改革課題」にも取り組んでいく使命があります。

 本学会は学術集会や委員会の活動をとおして、アクティブに進めていきたいと考えています。学会では具体的な活動計画を立てホームページに公開しますので会員・非会員の皆様に積極的な参加と協働を期待します。

 本学会は「すべての人に質の高いエンドオブライフケア」の実現のために「人権としてのエンドオブライフケアを具現化」「参画と協働」により「生活文化を重視したケア実践」を教育的・学術的に進めます。

 これらをとおして国内外の人々の健康と福祉および文化の発展に貢献していきます。